• 追従運搬ロボットサウザー カタログ




  

無人ライン走行モード


 ライントレース機能はオプションですが、サウザーの活用範囲を大きく拡大する機能で、低コストでオートメーション化を実現します。 サウザーのスタートボタンを2回連続押し(ダブルクリック)すると、ライントレースセンサーで床面に貼られた回帰反射テープに沿ってサウザーが無人走行します。 レーザーセンサーで障害物を検知すると走行を一時停止して、障害物がクリアになると自動走行を開始します。
 一定速度で走行できる無人ライン走行モードは、牽引運搬に最適です。人では1つしか運べない重量カゴ車を連結装置を用いることにより、複数台同時に無人搬送が可能です。
さらには、人が付き添う必要のないルーティーン搬送や次工程への引渡し、周回自動走行による部材供給・廃材回収等の無人搬送を実現します。

  

ライントレース機能の活用



【人員配置の効率化】
 ・空カートや空カゴ車の移動
 ・材料・部材の自動供給
 ・ピッキング作業から検査・梱包等への次工程への引渡し
 ・倉庫内や工場間移動などの、移動動力としての人員からの開放




【容易なオートメーション搬送実現】
 ・頻繁なレイアウト・工程変更現場でのオートメーション搬送
 ・納品時の一時的な無人搬送による省力・効率化
 ・屋外にまで及ぶオートメーション対応


無人ライン走行モード時の仕様


最大速度


最高速度は2段階に設定できます。
速度 遅:1.8km/h
速度 速:3.6km/h

経路の最小道幅


速度 遅の場合:1.8km/h設定の場合、1.4m
速度 速の場合:3.6km/h設定の場合、1.6m

経路の最小曲率半径


速度 遅の場合:0.8m
速度 速の場合:1.0m